歯科外来

2017年9月27日水曜日

矯正歯科に関する相談や初診予約には「初診相談ダイヤル」をご利用ください

広島大学病院矯正歯科は矯正歯科に関する患者さんからの相談および初診時予約に対応するため、数年前より「初診相談ダイヤル」を設けています。どのような内容でもお気軽にお電話ください。

また、個人病院の先生より患者様をご紹介いただく場合も、こちらのダイヤルで予約をお取りできますのでご利用ください(〇〇歯科医院から紹介をうけたので□□先生の予約を取りたいのですが・・のようにお伝えください)


矯正初診相談ダイヤル
☎Tel:082-257-1755

☆特徴☆
・矯正歯科専門の先生が対応します
・矯正歯科に関するご質問を受け付けています
・そのまま初診相談の予約も取ることができます

(注:治療内容や料金など一般的な内容に関してはお答えできますが、詳細につきましては患者さんによって異なりますので、初診相談を受けることをお勧めいたします。)

矯正歯科HPからもお電話できます
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/index.html




【初診来院時の注意点】
相談料(4,755円)がかかります。
自費診療の場合、紹介状をお持ちでなくても追加の料金はかかりません。
保険を利用した治療の場合、紹介状をお持ちでない方は別途3,240円(選定療養費)をお支払いいただくことになります。

以下、広島大学病院ホームページより
https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/patient/first

紹介状持参のお願い

 広島大学病院は、県内唯一の大学病院・特定機能病院として、高度な医療サービスならびに専門性の高い特殊な医療サービスの提供を行うとともに、新たな先端医療への対応を行う医療機関です。
 重い病気や深刻なけが、特殊な疾患を中心に、医療機関からの紹介に応じて、高度かつ専門的な医療サービスを必要とする患者さんを受け入れますので、かかりつけ医等からの紹介状をお持ちいただきますようお願いいたします。
 なお、はじめて受診される方で、他の保険医療機関からの「紹介状(診療情報提供書)」をお持ちでない方が直接来院された場合や、紹介状の宛先に「広島大学病院」の記載がない場合は、初診料とは別に初診時定額負担額(選定療養費) として 医科5,400円(税込)、歯科3,240円(税込) をお支払いいただくことになります。

2017年3月13日月曜日

安全で安心な医療を提供するために、広島大学病院矯正歯科はチーム診療を行っています

広島大学病院矯正歯科ではチーム診療を行っています。

目的としては
・治療の質の向上および円滑化
・医療ミスの防止
となります。

矯正歯科では全ての診療医を診療チームへ配属しています。

診療チームには第1、第2、第3担当医が存在します。各チームは「日本矯正歯科学会の認定医および指導医」である第1担当医が、責任を持って全ての患者さんの治療を管理しています。



また、治療の進みに応じて、診療チーム内での打ち合わせを行っています。

矯正歯科治療は長期に渡ることが多く、大学病院の特性上、治療途中での担当医の変更がご不安な方もいらっしゃると思いますが、第1担当医が継続的に治療を管理・指導していきますので、ご安心ください。


当科HPへのリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/patient/medical/time-charge.html
広島大学病院矯正歯科 初診相談ダイヤル
082-257-1755

2016年12月28日水曜日

むし歯のなり易さを調べよう!~むし歯リスク検査について~

むしリスクって知っていますか?

世の中には歯磨きを一生懸命しているのにむし歯になりやすい人、歯磨きをあまりしていなくてもむし歯にあまりならない人がいます。

その違いは何でしょうか?



むし歯(カリエス)は歯、口腔内の細菌、唾液の量や性質、食事内容などが複雑に絡み合って発生します。
つまり、むし歯になりやすいかどうかは、人によって違うのです。


さらにその人口の中の環境によって大きく左右されます。
むし歯になりやすいかどうかを調べる検査をむし歯リスク検査(カリエスリスク検査)といいます。

「むし歯リスク検査」
検査方法は、味のないガムを5分間かみ、出てきた唾液を集めるだけです。


当院のむし歯リスク検査では以下の5項目を調べることができます。
唾液の流出量:一定時間に分泌される唾液の量。量が少ないと要注意です。

唾液のH(酸性度):むし歯が発生しやすい環境かどうかを知ることができます。

唾液の緩衝能:飲食後、唾液が口の中の状態をもとに戻す能力を知ることができます。

ミュータンス菌の数:ミュータンス菌はむし歯の原因菌と言われています。砂糖を分解して粘着性のある物質を合成し、歯の表面に細菌の巣を作り、また酸も作って歯を溶かします。その菌数の測定によりむし歯になりやすさを判定します。

ラクトバチラス菌の数:ラクトバチラス菌はむし歯や詰め物の隙間に潜んでいて、むし歯の進行に関係します。




下の図と表はカリエスリスクの低い人の結果です。

左の写真はミュータンス菌とラクトバチラス菌をそれぞれ選択的に3日間育てた写真ですが、ほとんど菌が観察されません。

右は検査センターからの結果です。唾液の量、性質ともにむし歯リスクの低い状態でした。





次にカリエスリスクの高い人の結果です。
唾液の性質はそれほど悪くないのですが、唾液の量や、今現在の口の中のむし歯菌の量が多く、むし歯になりやすい状態と診断されました。
左上の写真では、ミュータンス菌、ラクトバチラス菌ともに、コロニー(細菌の塊)が多数観察されていることがわかります。

矯正歯科治療中は、お口の中の装置によって、歯磨きが難しくなりむし歯が出来るリスクが高くなります。

広島大学矯正歯科では矯正歯科治療を受ける患者さんに対してむし歯リスク検査を行うとともに、衛生士さんの歯磨き指導を随時行っています。

当科HPへのリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/patient/medical/time-charge.html
広島大学病院矯正歯科 初診相談ダイヤル

082-257-1755

2016年10月18日火曜日

出っ歯(上顎前突)の治療例

前回からの続きです。
出っ歯(上顎前突)の実際の治療を1例紹介します。

前回分析した患者さんです。横から見たときに上の前歯が突出していますね。

上下の前歯の距離は2~3mmが適正。5mmを超えてくると上顎前突が疑われます。



一見、上の前歯が突出しているように見えますが、横顔のレントゲン写真の分析より、下の前歯(下の顎自体)が後退していることが分かります。
  

よって、治療方針は「下顎を前へ成長させる」ということになります。使用する装置はFKOというものになります。夜寝るときに上下の歯で咬んで使用します。




初診時(左)には上下の前歯の距離が大きいのですが、装置装着1年(右)で距離がだいぶ縮まりました。




出っ歯(上顎前突)の患者さんは、口が閉めにくいことが多いです。無理に閉めようとすると、下顎にうめぼしのようなしわが出来るのが特徴です。お子様をよく観察してみてください。



今回は出っ歯(上顎前突)の治療について少しご紹介しました。
出っ歯にも様々なパターンがあります。他のものについては少しずつ紹介していきます。

気になることがありましたら矯正初診ダイヤル082-257-1755までお気軽にご連絡ください。


当科HPへのリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/patient/medical/time-charge.html
広島大学病院矯正歯科 初診相談ダイヤル

082-257-1755

2016年9月5日月曜日

出っ歯にも様々な種類があるよ

今回は出っ歯(上顎前突)にも様々なパターンがあることを説明します。



まず初めに、少し専門的にはなりますが、歯科矯正の診断で非常に大切な横顔のレントゲン(側面頭部X線規格写真、セファログラム)について説明します。図1がそのレントゲンです。このレントゲン写真を分析ソフトで検討を行います。






その後上顎骨と下顎骨の大きさや前後的位置、前歯の傾斜などを標準値と比較します(図2)。の歯が埋まっている骨が上顎骨、下の歯が埋まっているのが下顎骨と、別々の骨から成り立っています。ここでは上顎骨をで下顎骨をで示しています。




ここで本題にもどります。

上顎前突(出っ歯)には大まかに分けて3パターンあります。
①:骨に問題を認める場合
②:歯に問題を認める場合
③:1と2両方に問題を認める場合です。




このように、「出っ歯」と一言でいっても様々な組み合わせがあることがお分かりになったと思います。つまり、「どんな人も出っ歯にはこの装置!この治療!」というのはおかしいですよね。

全ての治療は検査結果をもとに分析を行い、しっかりとした根拠に基づいて患者さんごとに計画されるべきなのです。


次回は実際の上顎前突の治療を紹介します。

当科HPへのリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/patient/medical/time-charge.html
広島大学病院矯正歯科 初診相談ダイヤル

082-257-1755


2016年8月19日金曜日

出っ歯ってどんな状態?

歯って何??

前回に引き続き、出歯 (上顎前突) についてお話させていただきます。


の口元の写真見て、どちらが出歯か分かる方は少ないのではないでしょうか。





では横からの口元の写真はどうでしょうか。これでも分かりにくいかもしれません。


左側の写真の口元が突出しているのが分かりましたか?
これは上顎前突の患者さんの治療前後の写真です




下の写真のように赤い線でE-lineEsthetic line:鼻の頭と顎を結んだライン上に唇の先端が重なる)を引いてみると口元が突出していることが分かります。





  治療前(出っ歯)   治療後


みなさんは一般的にきれいな歯並び=ガタガタがないことと思いがちではないいでしょうか。同じ不正咬合でも、受け口 (下顎前突) は、通常と前歯のかみ合わせが逆で下の前歯が前方に見えるので、ご家族も気づきやすいと思います

一方、上顎前突症どこまで突出していたら治療すべきなのか、また何歳から治療開始すべきなのか疑問に思われることも多いと思います。

そこで次回から実際の治療例をもとに上顎前突症の治療についてお話をしていきたいと思います。

当科HPへのリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/patient/medical/time-charge.html
広島大学病院矯正歯科 初診相談ダイヤル

082-257-1755

2016年7月29日金曜日

出っ歯は治したほうが良い?


「出っ歯」:矯正歯科の専門用語としては上顎前突と呼ばれます。


上の前歯が前方に飛び出している状態です。歯のでこぼこは少ないので、患者さんや親御さんが不正だと気づかないことも多いです。一般的に正常な上下の前歯の距離は2~4mmが標準と言われており、それ以上になると上顎前突と考えてほぼ間違いないでしょう。

上顎前突に伴う問題は主に以下の様なものがあります。


1:口が閉じにくい
上の前歯が常に唇からはみ出している状態は決して見栄えが良いとは言えませんし、また口が閉じにくいことから口呼吸を併発することもあります。口呼吸は鼻呼吸と比べて口腔乾燥を引き起こしやすく、それにより歯肉炎や歯周炎のリスクが高くなることが知られています。また、口臭がひどくなることもありますし、風邪を引きやすくなるとも言われています(口呼吸による問題については別の機会に説明します)。

2:前歯で食べ物を噛み切るのが難しい
 前歯で麺類など上手に噛み切れません。そのため変な食べ方の癖がついている場合も。

3:上の前歯を怪我することが多い
上顎前突の方は前歯が突出しているため、前歯の怪我をすることが多いと、すでに多くの論文でも報告され証明されています。具体的には、転倒や、スポーツなどによります。


前歯が少し出ているかな?口が閉めづらいのかな?と気になったら矯正歯科へご相談ください。

当科HPへのリンク
http://home.hiroshima-u.ac.jp/orthod/patient/medical/time-charge.html
広島大学病院矯正歯科 初診相談ダイヤル

082-257-1755